ひとり劇場

松野チョロ松が殺し屋からマフィアになった理由①

マフィア松 モブキャラ おそチョロ すいません!言い訳)だってマフィア松書いてみたかったんだもん!仕方ないじゃないですk(殴)はい、「おそ松兄さん死なないで!」の方はちゃんと続き書きますのでもう少しお待ち下さい!多分遅くなると思いますが…気長にお待ちしていただければ幸いですm(_ _)m

チョロ松
銃声が鳴り響き、数えられないほどの死体が転がっていたところに奴はいた。

黒いジャケットを羽織り、下には緑色のシャツを着て、緑色のネクタイをつけていた。

そう、奴は裏社界では有名な“死神“だ。これはソイツの呼び名である。


どうしてそんな呼び名かって?それは人を鎌のようなもので次々と人を殺していくからだ。依頼されたら必ず誰でも殺す。子供だろうが女だろうが誰でもな。

変装スキルも完璧で誰も彼の素顔を知らない。

話し方も穏やかで誰が裏社界有名では有名な殺し屋だったと思うだろう?

ん?あぁ、どうして“だった“なのかだって?

だってそれは一昔前のことだから。まぁ殺し屋のスキルは今も健在なのだが。

ある日突然彼は殺し屋の世界から姿を消したのだ。


そして姿を消した彼は殺し屋からとあるマフィアとなった。

それは“松野ファミリー“こちらもまた裏社界では有名なマフィアだ。

そしてこいつらは世にも珍しい五つ子なのだ。

それもとても強いときている。目立たないわけがない。

ボスは松野おそ松。その下が次男松野カラ松。三男松野一松。四男松野十四松。五男松野トド松。と続く。

皆んなそれぞれ遠距離戦に強い者や近距離戦に強い者などいろいろだ。だが遠距離戦が得意だから

近距離戦が苦手とかそういうものでもない。なんでも強い。その中で遠距離戦が得意だったり、

中距離戦が得意だったりとするだけだ。

まぁ松野ファミリーのことはまた今度でも詳しく話そう。

そして話を戻そう。これは彼がマフィアになる話だ。

































チョロ松
ザクッ(人を斬る音
チョロ松
チッ…あーもぅ、本当嫌んなっちゃうよ。早く風呂に入んなきゃ。
チョロ松
ブブッ(通信機の音
暗殺無事終了致しました。後日お金はもらいに行きます。
依頼者①
ブブッ
あぁ、どうもありがとう。金はちゃんと用意してあるから安心してくれ。
チョロ松
ブブッ
はい、ではこれで
チョロ松
そう、これが彼の日常。
だがそれはある日をきっかけに終わりを告げた。









チョロ松が殺し屋からマフィアになった理由①











依頼者②
今回はこいつを殺してほしいんだ。
安心しろ、ちゃんと仕事にあった金をだす
チョロ松
分かりました。任せてください。
依頼者②
あぁ、期待しているよ。
1週間以内には必ずやってくれ。
チョロ松
はい
チョロ松
では私はこれで。
依頼者②



















名無し
うっ…(バタン…
チョロ松