ひとり劇場

きっと君に恋してる

私の小説「きっと君に恋してる」より。小説本編のワンシーンに加筆しました!小説はエブリスタにて公開中٩( ๑╹ ꇴ╹)۶

川嶋由良
「入部させてください!!」
たかぎかずと
「え?」
川嶋由良
放課後になると、私はたかぎくんににゅうぶ届を見せて言う。
川嶋由良
「私、演劇部に入部したいの!」
たかぎかずと
「お前が?」
川嶋由良
「お願い、演劇部まで案内して!」
たかぎかずと
「まあ、いいけどよ。泣いても知らねぇぞ」
川嶋由良
「ま、負けないし!」
たかぎかずと
「とりあえず、俺これから部活行くからついて来い。にゅうぶ届は部長に出せ、バカ」
川嶋由良
「バ、バカ!?」
川嶋由良
やっぱり良い人ではないかも!
川嶋由良
こうして私は、演劇部に入部した!最初は、たかぎにムカつく事ばかりだったけど、今では、たかぎは私の相棒だ。高校でも2人で演劇部へ。なんだかんだで一番一緒にいるのはたかぎだ。
川嶋由良
だけど、高校生になってからたかぎはモテるようになった。たかぎが女の子から騒がれるたびに胸が痛い。
たかぎかずと
「川嶋、帰ろうぜ。今日は部活ねぇからラーメンくいに行こうぜ」
川嶋由良
「う、うん!あのさ、たかぎ」
たかぎかずと
「なんだ?」
川嶋由良
「高校で気になる女の子いた?」
たかぎかずと
「なんだよ。どうしてそんなことを聞く?」
川嶋由良
「たかぎ、ずっと彼女いないし、気になったの!」
たかぎかずと
「いたら、お前はどう思う?」
川嶋由良
「え?」
たかぎかずと
「俺が好きなタイプはいつも明るくて前向きで超鈍いヤツ」
川嶋由良
「たかぎ?」
たかぎかずと
「ほら、ラーメンくいにいくぞ!」
川嶋由良
たかぎの好きな人が知りたい。あの言い方だといるって事?どうなんだろう。

 

投稿日時:2016-06-21 17:02
投稿者:みおにゃーん☆
閲覧数:4

↑このページの先頭に戻る