ひとり劇場

シグパレミーティング

創作キャラ達がミーティングしてるだけです

ルフナ
さて、ライブツアーおつかれ、みんな
ミハエル
おつかれ〜
ネロ
おつかれさまです
アデル
みんなすごかったね…さすがプロって感じ
フォン
……次は違うやつ運転しろよ
ルフナ
はいはい、とにかく。次の曲はどんなのがいいか、話し合おうと思う
ネロ
前回はアデルの為に、爽やかポップスをイメージした、夢想スパイラルだったよね
ミハエル
オレのギターがメロディーラインになってて、サビからキーが高くなる所が特徴的だったね〜
ルフナ
そう、夢を諦めた少女が…大人になって、もう1度その夢を追いかける…疾走感のある曲調だ
ネロ
個人的に、次はもっと、パフォーマンスを織り交ぜたいですね〜
ミハエル
ポップス行っちゃう〜??
フォン
……それだと面白みに欠けるだろ
ミハエル
あ〜そっかぁ〜
ネロ
……ですよねぇ…
ミハエル
ンー…フォンはなんか、コレってのないの〜?
フォン
……今のところは、ない
ネロ
(ないんだ……)
ルフナ
……まとまらないね、リーダー、どうする?
アデルは何か言いたそうにうずうずとしていた。
ルフナ
……どうやら何かやりたいものがあるみたいだね…?
アデル
う、うん……その…私達って闇バンドっぽくないじゃない?個人的に、カオスなイメージがある訳、なのね
アデル
それで、シロラクロスカさんの曲を聞いて、ピンと来たの……トリッキーな曲調で、変調的な……一見ぐちゃぐちゃで纏まっていないように聞こえるかもだけど、それこそ私達らしくていいと思うの……
フォン
でもそれだと二番煎じになるだろ
アデル
…そこは……ルフナがちゃんと考えてくれる……だよね、ルフナ?
ルフナ
当たり前でしょ、ここではあくまでもイメージについての話し合い。具体的なメロディーはアタシが責任持って創る
ミハエル
まぁ、それなら大丈夫だね〜
ネロ
ルフナさんは、きちんとやりやすいように創ってくれますからね…
アデル
あ、あと…もう一つ
アデル
ベースソロを、入れて欲しいの
その場にいたみんなが目を丸くする
フォン
…………は?
アデル
(私は、意思を曲げるつもりはない…!)
フォン
(……コイツ、何考えて…)
ルフナ
…ま、アデルがそう言うなら、必ず創るけど?
フォン
…………はあ、好きにしろ
ミハエル
ベースソロかぁ〜…イイねぇ!楽しみだ!
ルフナ
オーケー、じゃあ後は任せて。
——すうじつご
ルフナ
……こんな感じに仕上がったけど?
ミハエル
このメロディーラインは、ピアノかな?
ネロ
……えっ、俺が主旋律、ですか?
アデルとフォンのりょうめいはずっと固まったまま動かない
ルフナ
…どう?アデル…
アデル
……いい……めっちゃくちゃいいよ!!これ!!
ルフナ
よかった…フォン、君は?
フォン
……問題ない
ミハエル
よ〜〜っし!じゃあ早速合わせよう〜
ネロ
パフォーマンスも考案しなきゃな…!
ルフナ
アデル、曲名なんだけど…
アデル
もう考えてあるよ
フォン
……"不協和音"
ルフナ