Loading...

ひとり劇場

第二話 雷の子供達

○○
え‥‥っと‥‥
ななもり。
バレたなら仕方ないね
ななもり。
みんな出てきて
ななもり。
ガサガサッ
○○
!?
ななもり。
はじめまして
ななもり。
帰り道の途中に申し訳ないけど
ななもり。
自己紹介させてもらうね
ななもり。
俺はななもり。
さとみ
俺はさとみ。
ころん
僕はころん。
ジェル
俺はジェル。
莉犬
俺は莉犬。
るぅと
僕はるぅとです。
○○
あっえっと‥‥‥‥私はっ
ななもり。
○○ちゃん。だよね?
○○
!?
○○
はっはい‥‥‥‥‥‥
○○
(なんでこの人私の名前を知ってるの‥‥?
ななもり。
実は俺ら、雷っていう人の子供なんだよね
○○
っ!
○○
(この人たちが‥‥‥!
ななもり。
さっき君の腕前を見させてもらったよ
○○
えっ
ななもり。
流石だったよ。
ななもり。
父さんに側にいただけあるね
○○
あ‥‥‥
○○
ありがとう‥‥‥ございます
○○
(そっか‥‥この人達は雷さんの死の曲面にも来れなかった‥‥‥
○○
と‥ところで!
○○
なんで茂みになんか隠れていたんですか?
ななもり。
あ〜それはね、
ななもり。
父さんが亡くなって今、君一人だと思うから
ななもり。
殺し屋ぐるみ、それを超えての家族ぐるみの仲として
一緒に住むのはどうかなと話し合いの結果、出たから
ななもり。
どうかな?
○○
え‥‥いいんですか?
ななもり。
うん
○○
○○
ありがとうございます!
ななもり。
じゃあお家案内するね
○○
あ!
○○
荷物準備してきます!
ななもり。
わかった
ななもり。
‥‥‥
さとみ
かなりの腕前だったな
ころん
ころん
見た感じ僕らよりも強そう
ジェル
でもまだ伸びしろがありそうな感じがしたな
莉犬
ね、これから俺らが教えていけば
一流の殺し屋になってくれるんじゃないかな
るぅと
そうですね。
るぅと
父さんが見込んだだけある‥‥‥
ななもり。
銃も使いこなしているふうに見えた。
ななもり。
多分あの子。
ななもり。
ただもんじゃないよきっと。
さとみ
そうだな‥‥‥。
るぅと
タッタッタッ
○○
おまたせしましたっ!
ころん
持ち物は、、、
○○
着替えとナイフ。銃。弾。スマホなどですかね
最低限のものしか持ってきていません
ジェル
(各種の刃物を持参している‥‥‥。
やっぱりこのこは鍛えがいがありそうやな
ななもり。
じゃあ行こうか
○○
はっはい
○○
こうして私は雷さんの子供の
6人が住む宅へと向かった____。

19  

投稿日時:2022-04-04 23:07
投稿者:桜友
閲覧数:131

> 桜友さんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る