Loading...

ひとり劇場

fete ー運命ー (すとぷり物語) #3

#毎日投稿3日目(昨日分)

青side
ジェル
少しは落ち着いたか?
ころん
うん…ありがと
入れ立てのココアを一口飲む
水分取ったらまた涙に変わりそうで怖い
そのうち涙で溺れ死ぬんじゃないかって本気で思う
ジェル
お風呂入れるから飲んだら入りぃ?
ころん
え、あ…うん
何も聞かないの?
突然泣き出して知らないやつの名前叫んでたのに
ころん
ま、僕には関係ないけど
優しくしてくれることには感謝してる
それでも他人だとしか思えない。こんな人と結婚するとか、一生そばにいるとか
________気が狂いそう ((ジェルくん推しの方スイマセン
ジェル
お、出たか
ころん
うん……
お風呂からとぼとぼ部屋へと向かうと
ジェル
ちょい待ちぃ!お前そのまま寝るんか?
ころん
え、そうだけど……
何か気に触るようなことしたっけ?
ジェルくんの座る二人の腰掛けソファーへと向かう
ころん
な、なに?
ジェル
髪っ!
ころん
へ?
ジェル
濡れたままやろ?こんなんで寝たら風邪ひくわ
ジェル
貸しっ!
そう言って僕からバスタオルを奪うと
膝の上に乗せてガシガシと頭を拭き始める
ころん
ちょっ!/// や、やめてよ子供じゃないんだから
ジェル
あほっ!こんなんも出来ないんなら子供と同じや
ころん
いいよぉ、自分でやるから
ジェル
うるさい。黙って吹かれときぃ!
かすかに香るジェルくんの匂い
こんなに近いのは首を噛まれた時以来かも
ジェル
よし、これで大丈夫やろ
ころん
あ、あり……がと?
ジェル
どういたしまして
頭をポンポンされて何だか少し照れくさくって
悪い人じゃないんだろうなって思った
そんな初めての夜だった_____

16  

投稿日時:2022-03-29 16:44
投稿者:莉音:物語
閲覧数:130

> 莉音:物語さんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る