ひとり劇場

『女海賊 第2章』

ヴァイナスの町からノエルの姿がない…その行方は…?

ナレーション
『女海賊』第2章
ナレーション
広く大きな海原に浮かぶ船、サンシャイン号。はたから見れば穏やかに進んでいるが、実際には小さな騒ぎが起きていた。
乗組員
おいおい誰だ、この小僧!
乗組員
また侵入者か!
乗組員
セキュリティもクソもないな、この船は!
乗組員
はははははっ!
デイビッド・ハリス
どうした、おめえら!
乗組員
デイビッドさん!
乗組員
船長!あの…こんな奴が忍び込んでまして…
ノエル・ガルシア
痛いっ…離して!
デイビッド・ハリス
おい、また忍び込まれてたってのかよ。見張りはどうなってんだ。
乗組員
す、すいません…
デイビッド・ハリス
お前名前は?
ノエル・ガルシア
…エル…。
デイビッド・ハリス
あ?よく聞こえねえな。
ノエル・ガルシア
ノエル!
デイビッド・ハリス
ふん。見た目だけじゃなくて名前まで女みてえだな。
乗組員
まさか女っすか?
ノエル・ガルシア
わた…俺は男だ!ふざけんな!
デイビッド・ハリス
なるほど、口だけか。貧弱な身体しやがって。使えそうにないな。
乗組員
牢屋入れときますか?
デイビッド・ハリス
そうだな、ぶち込んでおけ。
ノエル・ガルシア
やめっ…離せ!触るな…!見た目だけで決めつけないで!やってみないとわかんないでしょ!
乗組員
うるせえ、そんな暇ねえんだ、大人しく歩け!
ノエル・ガルシア
逃げんのか!海賊は所詮そんなもんか!
デイビッド・ハリス
…聞き捨てならねえな。
乗組員
なんだこいつ、大口叩きやがって。
乗組員
生意気言ってんじゃねえ、小僧!
ノエル・ガルシア
うるさい!
デイビッド・ハリス
わかった、海賊を舐められちゃ困る。お前にはうちの乗組員と勝負してもらおう。…まあお前の目的はなんなのか知らないが。
ノエル・ガルシア
デイビッド・ハリス
さて…ハンデ…になるかわかんねえが、カーター!
カーター・テイラー
はい!お呼びですか、船長。
デイビッド・ハリス
今からお前はこいつと戦ってもらう。ハンデとして銃は禁止、剣だけにしよう。
ノエル・ガルシア
ハンデなんか…!
デイビッド・ハリス
こいつに銃を使わせたら確実にお前死ぬぞ?
カーター・テイラー
なっ…船長、この子、男っすか?
ノエル・ガルシア
男だ!!!
デイビッド・ハリス
この通り、威勢のいいガキだ。加減はしろよ。
ノエル・ガルシア
加減なんか…しなくていい!
カーター・テイラー
そうは言われても…
デイビッド・ハリス
まあ、頼むぞカーター。
カーター・テイラー
船長が言うならやりますけど…俺剣なんかしばらく使ってないし鈍ってるだろうなぁ。よろしくね、お嬢ちゃん。
乗組員
あはははは!カーター言ってやれ!
乗組員
お嬢ちゃんだってよ!さすが紳士様よ!
ノエル・ガルシア
…く、くそ!
デイビッド・ハリス
静かにしろ、いいか、相手の剣を取り上げた者が勝ちとなる。勝ち負けがついたら小僧の処理を決めよう。
ノエル・ガルシア
処理って…
カーター・テイラー
…許してくれ、お嬢さん。
ノエル・ガルシア
だから俺は…!
デイビッド・ハリス
位置につけ……はじめ!!!
ナレーション
サンシャイン号の真ん中で勝負が始まった。サンシャイン号の砲手、カーター対、鍛冶屋の一人娘、ノエル。
ナレーション
カーターが早めに終わらせようとノエルの間合いに入り、剣を巧みに操る。カーターは器用なので初心者や弱い者ならここですぐに終わってしまうが、ノエルはちがかった。間合いに入ったカーターの剣を素早く弾くと、その隙をついてカーターの側へと一歩踏み入れた。
カーター・テイラー
くそっ…!
乗組員
なかなかやるぞ…こいつ…
乗組員
いやまだわかんねえよ!
ナレーション
思ったより緊迫した始まり方で、サンシャイン号は緊張に包まれた。
ナレーション
カーターは、自分の間合いに入るノエルを避け、体勢を立て直すと、一息つく。そしてその直後にノエル目掛けて踏み込んだ。ノエルはそれを避け、カーターの剣を弾こうとしたが、その動きはカーターに読まれていた。
ナレーション
その隙をカーターは突いた。が、ノエルは間一髪で避けた。
カーター・テイラー