ひとり劇場

『女海賊 第1章』

オリジナルストーリーです!

ナレーション
『女海賊』第1章
ナレーション
ここはヴァイナス。なんてことないただの港町だ。この町には鍛冶屋がある。そこの一人娘はこの町で1番の美人だと評判だった。
ジェイル・ガルシア
おい、聞いたか?ナパサに海賊船が止まってたらしいぞ。
ノエル・ガルシア
えっ、本当に?
ジェイル・ガルシア
もしかしたらヴァイナスにも来るかもな。うちの剣、売れるといいんだが。
ノエル・ガルシア
お父さんの剣なら大丈夫よ。一流だもん。
ジェイル・ガルシア
使い道がなくちゃ意味がないけどな。
ナレーション
そう。ヴァイナスは平和な町で、争い事など滅多にない。あるとするならガキ大将たちの喧嘩くらいだろう。
ノエル・ガルシア
お父さんの剣のおかげでここは平和なのよ。多分ね。
ジェイル・ガルシア
ははっ、多分か。まあノエルがそう言ってくれるならそうなんだろうな。
ノエル・ガルシア
それで…海賊はいつここに来るの?
ジェイル・ガルシア
さあな…海賊船を見かけたってだけだし、ナパサからここに来るとも限らないからなぁ。
ノエル・ガルシア
ふーん…そっか。
ジェイル・ガルシア
なんだお前、海賊に興味あったのか?
ノエル・ガルシア
いや、別にそんなことないけど…繁盛するといいな、と思って。
ジェイル・ガルシア
なんだ、そうなのか。
ナレーション
ナパサで海賊船を見かけたという話から2週間が経とうとしていた。風は連日東に吹いていたので、ナパサからヴァイナスへの追い風だ。もうすぐ海賊船がヴァイナスの近くを通る。
ジェイル・ガルシア
もうすぐ海賊船が通るだろうっていうのにノエルは一体なにしてるんだ?
レイラ・ウェイトン
きっと何か大事な用があるんです。
ジェイル・ガルシア
レイラ!久しぶりだなあ。しばらく見ないうちにまた綺麗になって。
レイラ・ウェイトン
…ノエルのほうが可愛いですよ。
ジェイル・ガルシア
ノエルはレイラと違って礼儀もなにも知らない奴だからレイラには敵わないさ、はははっ!
レイラ・ウェイトン
おじさん、ありがとう。
ジェイル・ガルシア
さて、ご主人は、いるかい?
レイラ・ウェイトン
あの…おととい、出て行ったばかりでいないんです。
ジェイル・ガルシア
なんだって…。もうすぐ海賊が来るかもしれないというのに。まぁ悪さして帰るとは限らないけれどな。
レイラ・ウェイトン
でも兵長さんなら地下の訓練場にいますよ。
ジェイル・ガルシア
そうか、じゃあ兵長さんに会ってこようかな。ありがとうレイラ。
ナレーション
ジェイルは海賊が来るかもしれないという日を予想し、ヴァイナスの町長、ディーン・ウェイトンが従える兵に武器を届ける約束をしていた。しかし肝心のディーン氏がいなかったのだ。
ジェイル・ガルシア
そうだ、レイラ。今でもノエルとは仲良くしてくれているかい?
レイラ・ウェイトン
えっ?
ジェイル・ガルシア
最近レイラの話を聞かないから心配しているんだが…
レイラ・ウェイトン
あの…たまに遊びに来てもらってます。仲良くしてます。
ジェイル・ガルシア
そっか。それは良かった。ノエルのためにもこれからもよろしくな。それと…お大事にな。
レイラ・ウェイトン
…はい。
ナレーション
「お大事に」。ジェイルのそれは、世にも珍しい難病にかかってしまったレイラへの優しさだった。
ナレーション
それは滅多に聞くことのない難病だ。レイラは余命宣告をされていた。そして宣告された余命まで残り1年をきっていた。
ジェイル・ガルシア
帰ったぞノエル!…おい、ノエル!
ノエル・ガルシア
おかえりなさい! えへへ、どう?
ジェイル・ガルシア
ど、どうってお前…どうしたんだその頭!
ノエル・ガルシア
へへっ。髪の毛切ったんだ。ちょっと邪魔だったし、いつか切ろうと思ってたからさ。
ジェイル・ガルシア
だからって…切りすぎなんじゃないのか?俺は息子を生んだつもりは…
ノエル・ガルシア
ホント!?男の子に見える!?よかった〜
ジェイル・ガルシア
何がいいもんか!女の子は女の子らしくするもんだろう!
ノエル・ガルシア
いいのよ、どうせすぐ伸びるから。
ジェイル・ガルシア
うん…まあ…お前がいいならそれでいいんだろうが…
ノエル・ガルシア
ねえ、似合う?変じゃない?
ジェイル・ガルシア
あぁ、大丈夫だよ。
ナレーション
ノエルの綺麗にウェーブの入った長いブロンドの髪はバッサリと切られており、綺麗な顔をした男の子のようだった。最初は驚いたジェイルだったが、納得するには十分なくらい似合っていたのでジェイルはそれを許した。まぁ許さなかったところでどうにかなるわけはないが。
ナレーション
そして翌日の朝方、ついにその日が来た。海賊船がヴァイナスの港に着いたのだ。情報があったおかげで町の警備は万全であった。しかしヴァイナスの警備体制に反してその海賊たちは、武器を下ろして陸に上がったのであった。
デイビッド・ハリス
ここがヴァイナスか。
カーター・テイラー
こんな朝方に申し訳ないね
町の人たち(男)
海賊が降りてきたぞ…
町の人たち(女)
あの人、カッコいい…
ガブリエル・ロビンソン
すごいな。俺たちがここにくる事は筒抜けだったみたいだ。
デイビッド・ハリス
そうみたいだな。歓迎されているようだし、大人しく食料と武器調達に行くぞ。
ナレーション
朝4時半過ぎに海賊が現れたというのに、それを見に町の人たちのほとんどが沖に集まっていた。
ナレーション
そして海賊は無理矢理奪うなど強引な事は何もせず、食料を大量に購入したり、その他の買い物を普通にしていたのだった。
ナレーション
町の中を自由に歩く海賊の中でも人気だったのが、カーターという名の海賊だった。
カーター・テイラー
やぁ。ここのオススメは何か教えてくれるかい、お嬢さん。
町の人たち(女)
ヤダもう、お嬢さんだなんて。良かったら好きなもの、なんでもあげるわ!
カーター・テイラー
ホントに?ただでさえ美人だっていうのに優しくされたら参っちゃうな。
町の人たち(女)
そ、そんなぁ、美人だなんて。へへへへ。
カーター・テイラー
ここの町は美人が多いな。ヴァイナスは美人の町としっかり覚えておかないと。
町の人たち(女)
きゃー!かっこいい!こっち見たわ!
町の人たち(女)
私、目合った!
町の人たち(女)
カーター様!
ナレーション
すっかりヴァイナスの女の人をファンにさせていたカーターは、女の人に囲まれながら町中を歩いて回っていた。
ガブリエル・ロビンソン
町長さんみたいな人はいないのかい?
町の人たち(男)
今はよそに出てってるんだ。なあ、良かったらうちの店で飲まないかい?
ガブリエル・ロビンソン
そうか、不在だったのか。
デイビッド・ハリス
ぜひともご馳走してもらおうか、ガブリエル。
ガブリエル・ロビンソン
そうだな、一杯やろう。
町の人たち(男)
よし!うちの酒は美味いからたっぷり飲んでってくれ、海賊さんよ!
ナレーション
甲板長兼航海士のガブリエル、この一味の船長デイビッド。2人は町の真ん中の酒屋で呑み明かす、その噂を聞きつけた町の人たちが大勢酒屋に集まった。
町の人たち(男)