ひとり劇場

忘れられし姫

主人公フィスはルルと共に今日も過ごす…。まだ途中です!

ルル
んっ…?
ルル
もう朝…?
ルル
パタパタパタ…。
何処からか物音が聞こえてくる…。
ルル
あの方をそろそろ起こしに行かなくきゃな…。
ルル
ルルが起きあがろうとした時バタッとドアが開いた。
フィス
ルル〜おはよう〜( *´꒳`* )
ルル
えっ!?フィス様!?なんで起きてるんですか!?
フィス
えへへへへへ〜♬*゜
ルル
もうっ!誤魔化さないでくださいよ〜!!
フィス
まぁいいからいいから…!席についてくださ〜い!!
フィス
朝からだいぶテンション高めのフィスに困り気味のルル。
フィス
フィスはそんな事気にせずにルルを椅子に座らせた。
ルル
座っててフィス様はなにをするつもりなんだろう?
フィス
ふふふ…ルル、変な事はしないから安心してね!目いいよって言うまでつぶっててね〜!
フィス