ひとり劇場

Fate/Coll of Chaldea -悪魔の屋敷Ⅱ-

カルデアの英霊達がクトゥルフTRPGをやるっぽいよ! 実際にダイスを降ったら女神がとてと荒ぶった。

アンデルセン
さて、では探索者諸君のお待ちかね自由パートだな。
現在お前達はギル邸(笑)にいるギル、コマドリ組、えみや邸のえみや組の二チームに別れているぞ。
ギルガメッシュ
はぁ。自由にせよと言われてもな。何をしろという。
ロビンフッド
ん?オタク何時ものなんでも見ちゃう目はどうしたんすか。置いてきた?飾り?今ついてるのはお飾りなんです?
エミヤ
あー、先程準備をしているときにマスターと行き合ってな。
英雄王のTRPGデビューだと伝えたら嬉々としてその目潰しのために令呪を消費していたよ。
いわく
エミヤ
「英雄王であってもダイスの女神に翻弄されてしまうがよいわくぁはくぁはくぁはくぁは!そして愉悦を抱いて溺死しろ!!!!」

だそうだ。
ギルガメッシュ
それ途中から貴様の文句ではないのか贋作者!!

というかやたらと曇ると思ったのはそういう仕掛けか雑種め!!!
エミヤ
さて、なんのことやら。さっぱりわからないな。
アンデルセン
で?どうするんだ貴様ら。
既に俺の卓の経験者であるむめい共は知ってるだろうが、行動しなくても俺の気分で時間は消費させるぞ?
それと英雄王、お前はお前の思うままに動け。それがカオスとダイスの女神を呼ぶ。
ギルガメッシュ
ほう。では暫し待て。考える。
ロビンフッド
まったまった。ちゃんと動きますよ。はー笑ったわー。
あー……そうだな、とりあえず俺は帰る途中のユリウスでも捕まえて情報もう少し引き出せないかやってみますわ。
アンデルセン
では出た順に早速処理を始めるぞ。
声をかけられたユリウスはやはりと言ったような顔で頷いて、先にレオを車にのせてから「で、何が知りたい?」とおまえに尋ねることだろうさ。
ロビンフッド
コマドリ「いつもわりぃな。えっと……オタクの坊っちゃんが買う前の家主、マカリオ一家だったか?それが今どこで何をしてるかを聞きたいんだが」とりあえずメモしとくぜ。
アンデルセン
ユリウス「あぁ、それなら答えられるな。 マカリオ一家の夫妻が狂気に陥ったのは雇い主から聞いているか?その夫妻の方は、新都から5㎞程離れたところにある岩苺心療病院というところに入院している。夫妻には子供が二人いて、その子供達は現在親戚に引き取られているな。」
ロビンフッド
みんな大好き精神病棟ってか。いやぁつらいねぇ。

コマドリ「ん、いつもありがとなユリウス。……あぁ、そういやその子供達の住所って知ってるか?話聞きに行ったりしたいんだが……」
アンデルセン
ユリウス「ん?子供の方にか?あぁ、なら住所は……」

とユリウスはおまえに住所を教えてくれるだろうさ。
他に聞きたいことはあるか?
ロビンフッド
んや、これで満足っすわ。たぶんこれ以上は自分の足じゃねぇと出てこねぇだろ。そういうわけで、ギル様んところにもどって今のところ知ってる情報の擦り合わせでもしますかね。
アンデルセン
なるほど。ではギルガメッシュのパートまで待っていろ。
あーちなみにユリウスとレオはおまえに見送られながら帰るだろうな。
と、ここで10分経過だ。
ロビンフッド
はいよーばいばいーっと。
エミヤ
ふむ。ではアンデルセン、コマドリが情報集めに真っ先に動いたことにえみやは気が付けるだろうか。
こう、何度か仕事を同じくした者の勘で。
アンデルセン
あー、お前達はキャラにしても結局同族嫌悪の似た者同士だからな。出来るんじゃないか?
貴様はムカつきつつもまた同じ仕事を引き受けているコマドリの思考をトレースして、直ぐに自分と同じく情報を引き出すためにユリウスに声をかけるだろうと気が付くだろうな。
因みに現在は11時だぞ。
エミヤ
えみや「実に腹のたつことだがあの男ならば私と同じ行動をすることだろう。なら私は別のことでもするか……」
エミヤ
そうだな、えみやはとりあえず二人を迎えに車をだそう。

それとそうだな……コマドリとは別口で情報を探せる場所を探したいのだが
アンデルセン
車は普通に動かせるだろうさ。運転も同様にな。安全にお前は二人を迎えに行ける筈だ。
で、情報を探したいのだったな?アイデアを振れ。
エミヤ
えみや) アイデア60 1d100=89
エミヤ
なんでさ
ロビンフッド
いやー何でも屋もとうとうボケが来たんじゃねぇの??ん???
エミヤ
喧しい。私のキャラクターと四つしか違わないだろうコマドリは。
アンデルセン
まぁとりあえずえみやはとくに調べるあては思い付かないだろうな。
エミヤ
くっ……不覚だ……。
ではとりあえず仕事内容を掃除()と聞いているのでごみ袋百枚入りを二つ、軍手を3組、防塵マスク3つ、箒三本塵取りを用意していたいのだが構わないだろうか。
アンデルセン
幸運成功で良いぞ。
エミヤ
安心したまえ。私の幸運はEんだ。

えみや)幸運50 1d100=99(決定的失敗)
ロビンフッド
ぶっはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwオタクwwwwwwwwwwwwさいっこうwwwwwwですわwwwwww
ギルガメッシュ
哀れよなぁ贋作者よ……。
見ていて痛々しいにもほどがあろう……。
アンデルセン
(笑)
エミヤ
やめてくれ一言が余計に辛い
アンデルセン
ではえみやは普段の家事疲れからか掃除道具の場所を思い出すことはおろか何かを持っていこうという気力も分かずに車のキーをとり家を出ることだろう。
所持品はそうだな、キャラシにある物くらいだろうさ。
エミヤ
となると
財布
スマホ
工具
軍手
午前の紅茶(ボトルタイプ)
腕時計
か……
工具があるだけまだましだな……
アンデルセン
ん?あぁそうか初期装備にそれがあったか。
99ファン記念だ。えみやは工具も忘れるぞ。
ロビンフッド
wwwwwwwwwwwwwwwwww
アンデルセン
ではギル邸までの移動時間を決めよう。1d6だ。
エミヤ
1d6 = 4
アンデルセン
ではえみやがギル邸につくまで40分かかるだろう。
時間は11時10分だな。
さて、ギルガメッシュ。
お前は何をするのか決めたのか?
ギルガメッシュ
当然だ。とりあえず駒鳥が戻ってくるのを待つぞ。
アンデルセン
では時刻は午前11時10分からだな。
ユリウスから話を聞き終えたコマドリがお前のところに戻ってくるだろう。
ギルガメッシュ
ギル「なにか有力な情報は引き出せたのか駒鳥よ?」
ロビンフッド
コマドリ「あー、ユリウスから聞けたのはこれだけでしたわ。オタクの聞いた話と足んないところあったら教えてくださいよ。……あと、冬木にすんでる腕利きの何でも屋を呼びつけといたんで、そいつも一緒に行動しますよ。」
情報共有で。
ギルガメッシュ
ギル「ほう。何でも屋か。まぁ使えるのであればよい。かまわぬ。……足すべき物はないな。」
ロビンフッド
コマドリ「そいつは良かった。で?このあとどうしますギル様。聞き取り?裏付け?」
ギルガメッシュ
ギル「何をいっている戯け。噂の
屋敷に行くぞ。」
ロビンフッド
コマドリ「はい?」
ギルガメッシュ
ギル「わからぬ男だな。どうせ屋敷にいけば何もかもわかるのだろう?ならそこらに落ちている情報などどうでもよい。行くぞ。」屋敷へと向かうぞ
アンデルセン
(笑)
ロビンフッド
コマドリ「いやいやまてまて待てよオタク!事前情報もなしに飛び込むとか馬鹿だろ!いや自分の雇い主を疑うのは良くねぇよなオタク馬鹿か!もっと情報集めてから行きましょうや!」
言いくるめか?説得か?
アンデルセン
好きな方でwww構わんぞwww
ロビンフッド
コマドリ) 言いくるめ5 1d100=92
エミヤ
惜しいな
アンデルセン
ではお前は言いくるめに失敗するな。ギルは相変わらず屋敷へ行く気まんまんだろうよ。
ロビンフッド
コマドリ) 説得15 1d100=87
ギルガメッシュ
ギル「何を慌てているかはしらんが構わんだろう?どうせ最後は屋敷へ向かうのだ。それが遅いか早いかの話よ。」
我も言いくるめやら説得やらを振るぞ。
アンデルセン
wwwwww構わん。好きに振ってくれ。
ギルガメッシュ
ギル) 言いくるめ65 1d100=23
ロビンフッド
はぁあ!?!?オタク言いくるめ振ってたのかよ!?嘘だろ言いくるめられたじゃねぇか!
アンデルセン
wwwwww
アンデルセン
ではコマドリは上手いことギルに言いくるめられて屋敷へ行く気になるだろうな。
ロビンフッド
はーしっかたねぇ。とりあえず支度しとくか。
パイソン隠し持ちますわ

コマドリ) 隠す15 1d100 3=47
ロビンフッド
初期値は辛いねぇ
エミヤ
それ以上に信じられないのは七割さんだがな
ロビンフッド