ひとり劇場

銀魂 JOY3 会話 1

銀時、桂、高杉の会話

万事屋銀さん
おい。てめーら
Kつら
何だ銀時。縮毛矯正でもかけるつもりか?無駄な努力に終わるぞ
万事屋銀さん
いや、誰も んな事一言たりとも言ってねーよ。来週空いてる奴いるか?
Kつら
お前にしては珍しい事を言い出したな
高杉晋助
うるせェな。通知
万事屋銀さん
チビ。てめーにも聞いてんだよ。
高杉晋助
ふざけんな。例え空いてたとしてもてめェらと顔合わせんのだきゃ御免被るぜ
万事屋銀さん
来週祭りがあんだよ。ガキ共連れてくのにも遅ぇ時間だしたまには大人の集まりってのも悪くなさそうだと思ってよ。
Kつら
ほう。それは粋だな。俺は行かせて貰うとしよう。
高杉晋助
くだらねェ。
万事屋銀さん
身長低いから俺達と一緒に歩きたくねぇんだよな。高杉くんはよぉ。
Kつら
そうなのか?高杉。すまない。
高杉晋助
そんな安い挑発に乗ってやる程、俺ァ優しくねェもんでよ。諦めな
万事屋銀さん
つまんねーな。酒奢ってやろうと思ってたのによ。
高杉晋助
日にちはいつだ?
万事屋銀さん
いや酒って単語だした瞬間に変わり身早すぎるよね。いや別にいいんだけど。
高杉晋助
俺の気が変わらねェうちに日にちを言いやがれ
Kつら
久々の再会となるな。楽しみだ。
万事屋銀さん
日にちは13月32日な。場所は高杉が将軍暗殺しようとした祭り会場で。
Kつら
そんな事もあったな。
万事屋銀さん
あん時は俺まで迷惑被ってよォ
高杉晋助
忘れちまったな。んな事ァ
万事屋銀さん
うわ~。高杉くん感じ悪っ。
高杉晋助
黙りやがれ
Kつら
まぁそうカッカするな。高杉。楽しく行こうではないか。
万事屋銀さん
ぷぷ。怒られてやんの。
高杉晋助
明日が早ェ。今日はもう床に就かせて貰わァ。通知騒がしくすんなよ。御休み。
万事屋銀さん
何も返せなくなって逃げたんじゃね?
Kつら
やめろ。銀時…。なぁふと思ったのだが。
万事屋銀さん
んだよ、ヅラ。
Kつら
ヅラじゃない、桂だ。高杉程の経済力があれば酒などお前に奢ってもらわなくともいくらでも飲めるだろう?
万事屋銀さん
ああ~。そういやあいつボンボンじゃねぇか。逆に奢って貰いてぇもんだよな。散々迷惑かけられてんだからよォ。
Kつら
つまり高杉はお前に酒を奢って貰うためではなく、俺達に会いたいだけなのではないか?
Kつら
お前に安酒を奢って貰うという名目で。
万事屋銀さん
…いやいやいやいや。ねぇだろ。あの高杉だぜ?チビだしチビだし厨二まで拗らせてるじゃねぇか。
Kつら
やめんか。俺にはそう思えて仕方がなくてな。高杉が可愛く見えてきた。
万事屋銀さん
へー。まぁ分からなくもねぇよ…。多分。
高杉晋助
余計な事ばかりほざいてねェで寝やがれ。騒がしい。
万事屋銀さん
うわっ起きてたのかよ。
Kつら
びっくりさせるな。高杉…。
高杉晋助
…。

17  

投稿日時:2016-06-08 22:10
投稿者:鯖飯。
閲覧数:49

↑このページの先頭に戻る