ひとり劇場

困ります、会長様!~学校紹介ビデオ編~

私の小説「困ります、会長様!」を音声化。書き下ろし!神崎先輩がついに登場です。

ひろやん
「学校のCM?」
会長
「うん。校長から目立つ俺ら三人にCMをやって欲しいと」
ひろやん
「まさか、テレビデビュー?」
会長
「ちーがうよ。学園祭で流したいんだって。校門の前のおっきなモニターで」
ひろやん
「3人?俺と和哉と・・・」
会長
「あと、神崎っち!」
ひろやん
「マジ!?」
会長
「流れとしては、俺ら三人が適当に何かやってその後部活紹介ビデオや施設案内を流すらしい」
ひろやん
「は?部活案内と施設案内だけで良くねぇ?」
会長
「校長のお考えだととにかく印象が残るビデオにしたいんだって。そんで学校のイケメンスリーである俺達を指名したわけ」
ひろやん
「イケメンスリー?ださっ」
かんざき
「会長、ビデオカメラ持ってきました」
会長
「お、神崎っち!ありがとう!」
会長
神崎っちがビデオカメラを持って教室に入って来た。
ひろやん
「今日撮るのかよ!?」
会長
「ひろやんも神崎っちも部活無いし、ちょうどいいでしょ!」
ひろやん
「仕方ねぇな。どんな始まり方がいいんだ?」
会長
「最初のテロップだけ決まっているんだよ。この学園には三人の王子様がいますって始まる」
ひろやん
「うわっ。めちゃくちゃ恥ずかしい始まりだなぁ、おい」
会長
「で、その後は自由。コスプレしてもいいし、セクシーな感じでもいいらしい」
ひろやん
「学校の紹介ビデオだよなぁ?」
かんざき
「まずは構成を考えましょう!ひろやさん、会長」
会長
「じゃあ、一番はひろやんで。ナレーションは俺で」
ひろやん
「あ、ああ」
会長
「セクシー担当ひろやん。昼はサッカー部のキャプテン!だけど夜は・・・」
ひろやん
「何?眠れないの?じゃあ、俺のそばにおいで?ま、どうなっても知らないけどね」
会長
ひろやんは、にやっとしながら言った。
会長
「カット!いいね!ひろやん!」
かんざき
「いや、学校の紹介ビデオでそのセクシー要素はいらない気がしますが」
ひろやん
「神崎ちゃん厳しい!仕方ないじゃん。俺、この三人の中ではセクシー担当なんだから」
かんざき
「何ですか。セクシー担当って」
ひろやん
「ちなみに神崎ちゃんはDT担当」
かんざき
「いりません!そんな担当!」
会長
すると、突然教室のドアが開けられた。
りくたん
「会長。生徒会室にノートお忘れでしたよ?」
会長
「りくたん!!」
りくたん
「手間をかけさせないでください」
ひろやん
「丁度良かった。りくちゃん、協力して貰っても良い?」
りくたん
「何ですか?ひろや先輩」
ひろやん
「学校紹介ビデオの撮影の協力!次は丁度和哉だからさ」
りくたん
「会長が?」
ひろやん
「そ!和哉の相手役やって」
りくたん
「わ、私がですか!?」
会長