ひとり劇場

戮と竜夜で「幸福な朝」

榊氏に捧げます。

最初の朝から少し経った今、俺は調理場に立っていた。理由は一つ、リュウヤに料理をさせないためだ。
竜夜
「俺も手伝う〜〜」
「待て」
竜夜
「俺は犬か!!?」
リュウヤの料理は……まあ、食えるが正直な所好き好んで食うものではない。
「大人しく待ってろ」
竜夜
「……分かった」
そんな…くだらないやり取りも、飽きる程した。
竜夜
「戮?」
「何だ」
竜夜
「その……何だ、ありがとな」
突然、かけられた感謝の言葉に少し…驚いた。