ひとり劇場

とある少女の大発明

説明

SCP-682
これは、仮想世界にて様々なミッションの遂行のため奮闘する、3人の女子の物語。
果たして彼女らは、無事ミッションをクリアし、目的を果たす事が出来るのか。
そして待ち受ける運命とは…
金剛 ミオ
(どうも。私は金剛ミオ(こんごう みお)。しがない研究者だ。私はとある装置を開発した。今日はそのお披露目として、友人を2人呼んだのだ)
紅炉寺 リン
やっほー!来たよー!ねえねえ、前言ってた装置、完成したんだってー?早く見せてよー!
金剛 ミオ
声大きいよ…もっと静かに(この子は紅炉寺リン(こうろじ りん)。見ての通り、活発で明るい女の子だ)
楪 ラン
まあまあ、そんなに慌てるな。ミオも困ってるだろう
金剛 ミオ
(そして楪ラン(ゆずりは らん)。力自慢でとにかく強い。先祖は武士だったらしい)
紅炉寺 リン
そんで例の装置って何処にあんの?
金剛 ミオ
これだよ
金剛 ミオ
ミオの指差す先には部屋に設置されたコックピットのような装置だった
楪 ラン
これ…なのか?
紅炉寺 リン
へ〜なんか面白そーだね!
金剛 ミオ
じゃあこの装置の説明をするから、よく聞いて。
金剛 ミオ
この装置は、システムによって仮想世界に繋がっているの。そしてターゲットの破壊及び回収、観察などがミッションとして提示される。仮想世界から帰るには、ミッションをクリアするか、死んで強制ログアウトする事のみ。死んだ場合、それ相応の痛みを伴う。
紅炉寺 リン
え?ちょっとまって。何それ怖っ!そんなの作ってたの⁉︎
楪 ラン
危険極まりないな。
金剛 ミオ
我ながら面白い発明だよ。そしてミッションをクリアすると仮想通貨が手に入る。勿論現金化可能だよ。
楪 ラン