ひとり劇場

過去

身内向け

露芝鈴緒
以前から聞きたいことがあったんだけど、いいかい?
伊藤宏美
ああ
露芝鈴緒
君の瞳や髪は大部色素が薄いけど、親戚や肉親に海外の人がいるのか?
露芝鈴緒
生まれつきだったらすまない。
伊藤宏美
わかんねぇ
露芝鈴緒
わかんねぇって…親御さんから聞いたことないのか?
伊藤宏美
あー…
そういや話してなかったな
伊藤宏美
俺、養子なんだよ
露芝鈴緒
露芝鈴緒
その、すまん…
露芝鈴緒
無神経だった…。
伊藤宏美
いいよ。気にすんな
伊藤宏美
…折角だから話しとくか
露芝鈴緒
え、いや、話したくないことなら、無理しなくていいから。
伊藤宏美
いや、なんつーか、聞いといて欲しいんだよ
伊藤宏美
知ってる奴がいてくれると、俺も気が楽だし
露芝鈴緒
…なら、聞こう
伊藤宏美
あんま覚えてねぇけど、俺の親父はすっげえクソ野郎でさ、日がな一日酒呑んで働きもしなくて、気に食わねぇとすぐ母さん殴ってた。まぁ典型的なクズだったわけだ。
むしろ記憶少なくてありがてー
伊藤宏美
でも、母さんのことは全部覚えてる。
すっげぇ優しくて、花が好きで、俺のこと目一杯愛してくれて、
露芝鈴緒
…伊藤?
伊藤宏美
わりぃ。
伊藤宏美
母さん、男見る目なかったんだろうな。
クソ野郎の借金返すために、多分、ソープで働いてたんだ。それなのにあの野郎は、礼も言わずに、クタクタで帰ってきた母さんを、毎日毎日毎日毎日毎日、
露芝鈴緒
伊藤!
もういいから、無理するな!思い出すな!
伊藤宏美
大丈夫だ
伊藤宏美
続けるから、きけよ
伊藤宏美
母さんはクソ野郎に殺された。…俺の親父にな。
母さんをあんまり殴るから、噛みついてやったんだ。そしたらあいつ、俺のこと殴って、庇った母さんがずっと殴られて
伊藤宏美
あいつは、母さんが動かなくなるとゴミ見るみたいな目で、俺たちを見て家を出ていったよ。
そっから、隣のおばさんが来るまで、俺はずっと母さんと一緒だった。
伊藤宏美
そっからはよくある話だ。
あいつは逮捕、俺は養護施設行き。殺人犯の子供なんて、当然引き取り手なんてないからな。
伊藤宏美
今の母さんは、俺の本当の母さんの親友だったんだ。
殺人犯の子供なのに、引き取ってくれて、本当の子供みたいに愛してくれてる。
伊藤宏美
もちろん二人共な?
殺人犯の子供を、名門私立にまで入れるとか、どんだけお人好しなんだよって話だよな
露芝鈴緒
…私は、君に何が出来る?
こんな話を聞かせられて、何もするなとは言わせないからな
伊藤宏美
別にそういうわけじゃなかったんだがなぁ…
伊藤宏美
俺はなんか、知ってるうえで俺と今まで通り接してくれたらそれでいいんだ。
それだけで、十分だよ
露芝鈴緒
伊藤…
伊藤宏美
あーーーー
なんで鈴緒にこんな話しちまったんだ俺は!!
露芝鈴緒
…プリン買っとくから、明日。
伊藤宏美
…おう
伊藤宏美
あ、お前の小さい頃の恥ずかしい写真見せてくれれば、めっちゃ心癒されるかも
露芝鈴緒
さっさと寝ろクソガキ
伊藤宏美
最近のでもいいぞ
伊藤宏美
あと、プリン二個がいい
露芝鈴緒
はいはい
伊藤宏美
ありがとな

2  

投稿日時:2016-06-05 22:37
投稿者:芒
閲覧数:1

↑このページの先頭に戻る