ひとり劇場

「困ります、会長様!」猫パニック編

私の小説「困ります、会長様!」の2人の話。この為に書き下ろしました。りくたんが猫になるお話。本編はエブリスタにて公開中です。

りくたん
高校一年の夏。その事件は突然起きました。
りくたん
(わ、私が猫!?どうしよう。これから!)
会長
「ふんふふんふふーん♪」
りくたん
(会長だ!)
会長
「わあ!可愛い黒猫さんだにゃあ!りくたんみたい。君、どこから来たのかにゃ?」
りくたん
「にゃあ・・・」
会長
「可愛いぃ!!そうだ!うちの子になってよ!りくにゃん!」
りくたん
(りくにゃん!?あっ!会長に抱っこされてしまった。ど、どうしよう!)
りくたん
猫から人間に戻る方法がわからないまま、私は会長に家に連れて行かれました。
会長
「はい!ミルクだよー!たくさん飲んでね。あれっ?何で隅っこにいるのー?」
りくたん
(か、会長の家。会長と同居。ドキドキするよー!)
会長
「警戒して懐かないとこもりくたんにそっくりー!プリチーだにゃあ!」
会長
「キャットフード、買って来るね。お留守番しててね!りくにゃん!」
りくたん
会長が出て行くと、私はとりあえずミルクを飲んだ。
りくたん
(会長の寝室ってここだよね?わっ!私の写真が貼られてる!怖っ!)
りくたん
(ベッド・・・会長の匂いがする。いきなり好きな人と同居なんて!人間に戻れなかったらどうしよう。まだ会長に告白できてない・・・。)
りくたん
私は不安になりながらも会長の帰りを待ちました。
会長
「ただいまー!りくにゃん!はい、キャットフードもお食べ!」
りくたん
「んにゃ?」
りくたん
(うっ!美味しくない!でも、ちゃんと食べないと会長に心配されちゃうよね?)
りくたん
私は残さずキャットフードを食べました。
会長
「ちゃんと食べたね!良かった!じゃあ、りくにゃん!一緒にお風呂に入ろうか!」
りくたん
(お風呂!?ちょっと待って!どうしてそうなるの!?)
りくたん
だけど、私に構わず会長は制服を脱ぎ始めました。
りくたん
私は逃げ回る。だけど、会長はパンツ一丁で私を追いかけ回す。
会長
「待ってよー!!りくにゃん!水が嫌いなのかーい?」
りくたん
(会長と混浴なんて絶対無理だよー!!上半身裸の会長すらまともに見られないのに!)
りくたん
「んにゃあああ!」
会長
「あっ。ベッドの下に隠れちゃった。まだ懐かないのかなぁ?生徒会に来たばかりの頃のりくたんみたいだ!」
りくたん
会長は諦めたようだ。
りくたん
(顔が熱い。どうしよう。好きな人と一つ屋根の下なんて辛いよ!)
会長
「りーくにゃん!一緒に寝よっか」
りくたん
「んにゃっ!?」
りくたん
(一緒に寝るなんて無理だよぉ!)
会長
「大好きだよー!りくにゃーん!かわゆい、かわゆい、りくにゃん!」
りくたん
(だ、抱きしめられてる!?ど、どうしよう。会長の匂いと温もりが私をドキドキさせるよ!)
会長
「おやすみのチューをしてあげよう!」
りくたん
(ま、待ってください!こ、心の準備がーっ!)
りくたん
「あれっ?私の部屋・・・?」
りくたん
どうやら夢を見ていたようだ。何ていやらしい夢だ。
りくたん
身支度を終えると、私は学校へ向かった。
会長